4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新のお知らせ

昨日のブログ更新および「後白河上皇(「絵巻物」の力で武士に勝った帝)」を読了

昨日ブログ「発見の発見」「意味の周辺」を更新しました。同一記事の重複掲載です。タイトルは「LED電球の光が真っ直ぐに進む」と言われることと「鏡像問題」との奥深い関係。テーマは「発見の発見」の基本テーマに沿うものですが、「意味の周辺」のカテゴリーにも該当し、こちらの以前の記事とのつながりから、こちらのブログ記事として書いたものを「発見の発見」の方にも転載するという形になりました。

次に、
先日の記事で触れた「後白河上皇(絵巻物の力で武士に勝った帝)小林泰三著、PHP新書」を読み終えました。期待通りの面白さだったといってよいと思います。少なくとも著者の後白河上皇に対する高評価には賛意を表したくなります。最後の方で後白河上皇が現在の小泉元首相に似て非なる点を指摘していることや、タモリさんに比較している点も興味深いですね。この本で扱われている問題については今後さらに広くかつ深く掘り下げるべき端緒となって欲しいものと、個人的に、思います。
スポンサーサイト
コメント:

Re: facebookリンク

わざわざお知らせいただきありがとうございます。拝見させていただきます。

> 失礼しました。
> facebookの私のページ(タイムライン)で、私の本の感想を書いて下さった方の紹介をさせていただいております。
> http://www.facebook.com/taizo.kobayashi.9
> からご覧になれると思います。
> 私個人のお話も氾濫していますので、すみません…

facebookリンク

失礼しました。
facebookの私のページ(タイムライン)で、私の本の感想を書いて下さった方の紹介をさせていただいております。
http://www.facebook.com/taizo.kobayashi.9
からご覧になれると思います。
私個人のお話も氾濫していますので、すみません…

Re: ありがとうございました

ご丁寧なコメントをありがとうございます。このような弱小無名のブログ記事の感想に対して著者ご自身からのコメントをいただき、恐縮です。今後のお仕事に期待しております。
ちなみに、「facebookのリンク」は意味がわかりませんでした。

> この度は、拙著をお読みいただき、誠にありがとうございました。
> 楽しんでいただけたようで、本当に嬉しく思っております。
> とくに「説得力のある文章」という評価は、これからの自信につながりました。御礼を申し上げます。
> 失礼かとは思いましたが、facebookのリンクをはらせていただきました。
> また、日本美術について「実感を持って鑑賞できるノウハウ」を分かりやすくお伝えしたいと思っております。
> 今後とも、何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました

この度は、拙著をお読みいただき、誠にありがとうございました。
楽しんでいただけたようで、本当に嬉しく思っております。
とくに「説得力のある文章」という評価は、これからの自信につながりました。御礼を申し上げます。
失礼かとは思いましたが、facebookのリンクをはらせていただきました。
また、日本美術について「実感を持って鑑賞できるノウハウ」を分かりやすくお伝えしたいと思っております。
今後とも、何とぞ、よろしくお願い申し上げます。
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。