4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

雑談 ― 死に方

先日、1年ぶりにある知り合いと会って話をしたが・・・・

年や歳の話になると、どうしても死ぬことの話もでてくる。

彼が言うには、「自分はガンで死ぬのが理想だ」とのことである。

先年80歳台で無くなった彼のお父さんはガンだったが、特に苦しむこともなかったそうだ。

そういえば、テレビの放送だったか、インターネットだったかで、あるお医者さんが「人間はガンで治療をせずに死ぬのがよい」と言っていたのを思い出した。そういう本を書いた先生だそうだが。

とは言ってもガンにもいろいろあるだろうし、そこまで歳をとらないうちにガンにはなりたくはないし・・・

まあとりあえず80にもなればガンになるのも良いのかもしれない。

ちなみに、まあ想像の範囲内だが、個人的には深山で死んだり、森で死んだりも良いように思う。彼は山で遭難して死ぬのは格好が悪いというが、確かに他人の迷惑にはなりそうだ。

センチメンタルだが、樹木の下で死ぬのは良いと思う。春の桜の下で死にたいといった西行には共感する人も多いだろう。

アカシアの雨に打たれて死ぬとか、泉の畔の菩提樹の下で死んだりというのも、現実的ではないが、いいのではないかと思う。雪の中で凍え死ぬのも、そんなに悪くないような気もする。

だいたい、孤独死がよく問題になるが、特に身体的に苦しむことがない限り、孤独死がそんなに不幸なことであるとも思えない。遺族がある場合は遺族にとって不幸かもしれないが、本人にとっては孤独死もそんなに悪いことでもないようにも思える。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。