4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新のお知らせ

関裕二著「蘇我氏の正体」を読む

ブログ意味の周辺を更新しました ― 「関裕二著「蘇我氏の正体」を読む」
日本史では比較的に、なぜか古代史に興味があります。とはいっても邪馬台国論争に詳しいとか、そういった古代史マニアでは決してなく、どちらかと言えば古代史、という程度のものです。なぜかと考えて見るに、神話、宗教との関わりに関心が向かうためのような気もしますが、やはり、古代史は歴史の最初の方により近いわけで、あらゆる物事の、より起源に近いところを知りたいと思うのは人情というものでしょう。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。