4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

街の灯

最近、「街の灯」が頭の中を回り続けているようだ。そんなにしょっちゅうという訳でもないが、メロディーが頭の中を回転し続けることがあるように、この言葉が回り続けている。

なぜかと考えてみたら、ひとつにはどうやら最近、テレビやネットで由紀さおりさんの歌う「ブルー・ライト・ヨコハマ」を何度かくり返し聞いたことが関係しているようだ。ただしそれだけとは思えない。「街の灯」という言葉が頭の中を回っているとしても、単にそれだけではない。それに関連していろいろな考えが浮かんでくるからだ。なぜ、離れてみる街の灯が美しいのか、というか、感動を呼び起こすのか、等々。

どうやら、現在カントの「純粋理性批判」を読書中であることが関係しているのかも知れない。もちろんこの本に「街の灯」などという言葉は出てこなかったし、最後まで読んでも出てくるとは思えない。

現在、岩波文庫上巻の半ば近くまで読み進み、さらにこれ以上読み進むの限界を感じたため、最初に戻って、再度1/3くらいまで戻ってきたところである。なぜここで街の灯が関係してくるのか・・・。そのうち考えて書いてみたい。

いまの住居でもビルの5階だから、ベランダに出ると、多少は離れた距離で街の灯を見ることができる。正面は崖の上に別の大きなマンションが建っているから横を向かざるをえないが、遠くの丘の上まで広がる街の夜景を眺めることは時々ある。結構見入ってしまうことがある。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。