4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真 と ブログ更新のお知らせ、および つぶやき

つぶやき、ここ2カ月ほど

まず、ブログ「意味の周辺」を更新しました。タイトルは「『ブッダは実在しない(島田裕已著、角川新書)』を読んで」。この本を読んだのは今年の冬頃でした。結構忙しい時期だったので少しづつ読んでいたのですが、それでも春までに2回目を読み直しました。端的に言って感銘を受けましたね。著者はかつてオウム事件があった頃にマスコミに登場した人のように記憶しています。その後もときどき新書版の新刊書などが書店に並んでいるのをみかけましたが、強い印象を受けることがなく手に取ってみることはありませんでした。しかし、この本をいつもはあまり行かない上野駅の書店で見つけたとき、ちょうどそのころ仏教に関する手ごろな解説書を探していたこともあってすぐに購入しました。それはともかく、この本は良い本だと思います。あまり評判にはなっていないようですが。・・・という次第でブログに読後感を書いた次第。

W2016_Sinobazu01.jpg

春先に、ケータイをスマホに変えました。とりあえず写真画質は確かに格段に向上。特に夜間の水面はきれいに水面らしく写ります。
W2016_benten01.jpg

これは桜も終わりに近づいたころ、千鳥ヶ淵ではなく、平川濠というらしい。平坦で落ち着いた場所です
W2016_HoriSakura01.jpg

満開の木蓮も美しい。
W2016_HoriMokuren01.jpg

向かい側、毎日新聞社ビルの壁面にこういうところがあって、そこが雀のアパートになっています。
W2016_Suzume01.jpg

再び不忍池
W2016_Shinobazu02.jpg

東京スカイツリー。正直なところ昼間は美しいと思えたことがない。野暮ったい形にくしか見えません。何か機械部品か注射器のような。
W2016_SinobazuTower01.jpg

W2016_Shinobazu04.jpg

蓮の葉らしきものはまだ見えない。しかし何か緑のもやっとしたもので覆われているようです。
W2016_Shinobazu05.jpg

これがハスの若葉なのか?何か不定形のものが浮かんでいるように見えるが。あるいは完全に水面上に出ていないのか?
W2016_SinobazuHasu02.jpg

昨年の秋から鏡像問題に取り組みなおし、年内にも完成させようとおもっていたところ、考え直すきっかけができたり、仕事が少々忙しくなったりで中断していたところかなり気分も低下し始め、それでは元も子もないので気を取り直して再開しようと思っていたところ、出願特許の拒絶査定が来てしまいました。その理由というのが理不尽で詭弁にさえに思われ、あきらめるには忍びないので、この1か月余り、時々こみあげてくる憤りを抑えながらも反論を作成したりしてました。それも結果は未知数ながら、どうやら一段落といったところ。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。