4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真

府中市立美術館への道

国分寺駅からしばらく歩きづらい道を通り抜けると、東京農工大のあたりから気持ちよく歩きやすい道が続く。
huchu001Web.jpg
遠方にきれいな時計台が見えたのだが、あまりに明るく、手持ちのカメラでは捉えられなかった。

huchu01-4Web.jpg

huchu02Web.jpg

huchu03Web.jpg
さすがにこの辺りまで来ると郊外都市らしく、広々として気持ちが良いですな。

huchu04Web.jpg
広々とした空間だが、農場でも運動場でもなさそう。

huchu05Web.jpg

乗馬の施設のようです。
huchu06Web.jpg
写真では白く写っているが、灰色の馬。よく太っているよう。灰色の馬もなかなかきれいだ。

huchu07Web.jpg

huchu08Web.jpg

huchu09Web.jpg
府中の森公園が現れる。今年初めて見る本格的な紅葉。

huchu10Web.jpg

huchu11Web.jpg

huchu12Web.jpg

huchu13Web.jpg

huchu14Web.jpg

huchu15Web.jpg
作品鑑賞を終え、中に案内のあった地下に埋められた作品というのはどれかと探したところ、これでした。
巨大な鉄製の作品で、本体は地中に埋められているとのこと。
huchu18Web.jpg
館内の作品は撮影禁止だったが、これは撮影禁止とは書かれていない。しかし本体が地下なので・・。
huchu20Web.jpg

huchu21Web.jpg

公園内は殆どオレンジ色系の黄葉。入口近くのこの場所にだけにモミジがあり、紅葉が映えている。
huchu23Web.jpg
東京の公園は意外とモミジが少ないのは何故なのだろう。外国には多くのモミジの園芸品種が輸出されていると聞くのだが。

暮色
huchu24Web.jpg

以上、先週土曜日の午後。

スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。