4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

気になる中国、地震の原因

夕方、時間のあるときには近所の図書館で1時間ほど古代史の本を読む事にしているが、最近はいわゆる古代の「東アジア情勢」関連本というか、日本古代史時代の中国を中心に扱った本を読んでいる。知らない漢字の固有名詞が沢山出てくるので1時間ほどで読めるのは10~20ページくらいではないかと思う。しかし、もしそういう固有名詞が漢字でなかったとすれば、なおさら読みにくいのではないだろうかとも思われる。そんなわけで昨夕、図書館への途中、書店に立ち寄ってみた時も幾多の中国関連本の新刊書が目についた。石平氏と黄氏という、この種の新刊本の著者としてよく目にする著者同士の対談本をちょっと立ち読みしてみた。なぜかこの種の本では単独著者の本はあまり読む気にはなれず、対談なら読んで見ようかという気になる事もある。考えの近い人同士であるか異なった人同士であるかにかかわらず、対談のほうが抵抗なく読める。最近、石平氏と別の著者の対談本を読んだばかりだった。

ちらっと見ただけだが、一人の著者は、日本が中国との深い関係を絶っていた時期は良い時代だったと言う。遣唐使を廃止した後の平安時代と江戸時代までを指している。この言説を読んで個人的に思ったことだが、確かにそれはそうかもしれないが、日本が中国と深く付き合わない自由を持てたということが良かったではないかと思うのである。遣唐使を止めたからといって中国が怒ったわけでもなさそうだし、それが理由で攻撃されたこともない。攻撃されたのは元寇のときだけである。少なくとも素人に判る常識的な解釈ではそういうことで、中国が一貫して日本に強い干渉を続けてきたとは思えない。その間、他の大国が日本を中国から守ってくれたというわけでもない。

そんなことよりも今は中国のことだけを心配すれば済む話ではないし、他のことで色々と気が滅入る一方なことのほうが多いが、最近、つくづく歴史が面白いと思うようになった。以前はただ教養程度にしか考えていなかった日本の古代史も、中国の歴史も韓国朝鮮の歴史も、興味深く見えてくる。歴史は意味論なのだ(Kassirer)


先日、あるテレビ番組で高名なる科学者が「地震の原因は活断層」と単純に一言で片づけてしまっていたのには恐れ入ってしまった。少なくとも現代の常識で地震の原因はプレートの運動であるとされているではないか。二次元の断層面が自力で勝手に暴れだす筈もない。ちょっとしたその場の表現に過ぎないとも言えるが、言葉に対する感性というかセンスと言うか、これは無視できない重要なことだと思うのだが。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。