4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

「意味の周辺」記事

移植臓器の「不足」 ― 違和感のある言葉

臓器移植関連のニュース記事や論評で気になる言葉に「移植臓器の『不足』」という表現がある。個人的に違和感をもつ言葉は沢山あるが、こんなにも強い違和感を感じる言葉も少ない。

現在、移植臓器が「不足」していると言うのなら、こういう事は臓器移植という技術を開発する当初から分かっていた、あるいは予測できたことではなかったのか?

そもそも脳死患者が発生する事故などは本来、あってはならないものである。少なくとも可能な限り無くすように努力すべきものである。

「不足」という言葉は本来、あるべきもの、豊富に存在することが望ましいものについて使う言葉である。

可能な限り減らすべきであり、限りなくゼロにすべきである脳死者に「不足」などという言葉を使うことが許されるのだろうか?
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ