4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

古代史の読書は図書館で

古代史の本は図書館で読めるかな、と思って夕方、しばらく行っていない図書館に行ってみた。区の小さな図書館だが、参考図書というコーナーには歴史人名事典とか、徳川時代の藩の歴史とか、結構大形の参考書が沢山ある。それとは別の歴史コーナーにはそれほど多くはないが、一応日本の古代史のコーナーもあり、わずかだが比較的新刊の本もある。その中に倭王たちの七世紀―天皇制初発と謎の倭王 [単行本]
小林 惠子 著という本が見つかった。最近読んだ「本当は恐ろしい万葉集」と同じ著者で、内容的にも繋がりがある。そこで40分ほど、最初の一章を読了した。まあ時間のあるときに夕方でも立ち寄って続きを読むかな。貸し出されてしまうと困るが。古代史の本はできるだけ、ここで読むことにするか・・・と思う。ただしそれほどそろっているわけでもないが。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。