4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真

秩父神社と秩父盆地

西武秩父駅前から武甲山遠望。今回のように観光で来たわけではなかったが、数年前に一度この場所にたたずんだことがある。やはりその場所にくると具体的に思いだすものだ。あれから四捨五入でもう10年。
ekimae1Web.jpg
それらしき方向に歩いて行くと、どことなく門前町風の商店街に入り、やがて正面に鳥居のある森が見えてきた。土曜日の昼間だったが参拝客はそれほど目立たない。
monzen1Web.jpg

間違いなくここが秩父神社でした
TJinjaMon1Web.jpg

殆ど真上から日が照りつけるのでこういう建築の写真には厳しい条件です。
TitiShaden1Web.jpg

TitiShaden2Web.jpg

TitiShaden3Web.jpg

TitiShadenRyuukoWeb.jpg

TitiShadenToraWeb.jpg

TitiSaruWeb.jpg

北辰の梟
TitiHokusinFWeb.jpg

TitiTensinWeb.jpg

強い陽射し。赤いじゅうたんは結婚式来場者向けのようでした。
TitiShaden4Web.jpg

TitiKomaWeb.jpg

駅の方面に向かって当てもなく回り道をして歩いてゆくと今宮神社という神社に遭遇
TitiImamiyaJinjaWeb.jpg

TitiImamiya1Web.jpg

竜神木
TitiRyujinbokuWeb.jpg

いったん駅構内の広い休憩所に戻り、その後秩父鉄道線路を渡って羊山公園まで徒歩。特に決まった観光道路は無く、自動車ドライバー向きの公園のようです。
Hitujiyamakoen.jpg

HitujiEnbouWeb.jpg

見渡せる盆地のほぼ全域が市街地で視界の及ぶ限りでは田畑は殆ど目につきません
HitujiChoubou2.jpg

対向する山並み?の殆ど一直線に見える稜線が印象的
HitujiChoubou1.jpg

帰ってから調べてみたら、向こうの山並みに見えたのは対岸の河岸段丘でした。その前方とさらに向こうの盆地に田園地帯が広がっているようです。
以上、5月17日土曜日の紀行
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。