4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

「科学以前の心(中谷宇吉郎著、福岡伸一編、河出文庫)」と「伊勢神宮と日本美(井上章一著、講談社学術文庫)」。いずれも文庫本として新刊

先ほど「科学以前の心(中谷宇吉郎著、福岡伸一編、河出文庫)」と「伊勢神宮と日本美(井上章一著、講談社学術文庫)」を購入。いずれも過去の著作や文章を元に編集した発行だが、時宜を得た出版だなと、編集者のセンスに感心した。もちろん後者は伊勢の式年遷宮に事寄せたものに違いないが、この著者にこのような著作があったことはやはり一般人の多くは知らないものだから。個人的にはこの著者の「霊柩車の誕生」を読んだことはあるので、つながりはあることは確かである。中谷宇吉郎のエッセーは昔、暮しの手帖の連載で何度か読んだ事があり、暮しの手帖社体された本も一冊は持っていたが、なぜか読み通していなかった。なぜなのかなと思うが、今はまあ改めてこの本を読んでみたい。文庫本のタイトルになっている「科学以前の心」というエッセーは読んだことがないが、非常に意味深長なタイトルである。内容的にも何か大切なものが予感できるタイトルでもある。
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム













管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。