4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

坂の上の雲を一通りみました

NHKのドラマ、坂の上の雲をひととおり、一応最終回まで見ました。全体として一応、原作の気分、といったものはでていたように思います。原作自体はどうなのかという問題はさておいてのことですが。また俳優の演技とか演出の巧拙とかいったものも度外視した上のことですが。

原作者の一番、というか内心というか、本音で言いたかったことは、結局のところ、時代の気分、というか、雰囲気のようなものではなかったのかなという印象があります。つまり、歴史認識とかそういった固い、あるいは政治的なものではなく、感情的な、あるいは心情的なものではなかったのかなということです。

明るさと暗さ、希望と絶望、悲喜こもごもといった、矛盾に満ちた明治という時代の気分というようなもの。そう考えるとつまるところ今の時代も同じことのなるのかも知れませんが。

まあこういうことも考え出すときりがありませんが。
スポンサーサイト
全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。