4つのテーマ別ブログ記事の更新情報に加え、テーマ外の脈絡のない内容をつぶやきのように綴っています。以前のタイトル「意味の周辺」は2011年12月以降、http://imimemo.blogspot.com/ にて更新を続けています。「意味の周辺」該当記事に対するコメントはhttp://imimemo.blogspot.com/ の該当記事に投稿して頂ければ幸いです。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真とつぶやき

うっとおしい今日のつぶやき

最近とくに深刻になり、仕事柄、早急に、真剣に対策を迫られるようになった問題。それはパソコン作業による眼の疲労の問題ですが、今日も予定していた作業もそこそこにネット検索を含めていろいろと対策を思案していたところにもってきて予約していた歯医者さんに行き、いったんかぶせものをした奥歯の歯根を片側だけ抜くために麻酔をし、抗生剤を飲んだりしたせいか、軽い頭痛もあり気分がすぐれず、予定していた残りの仕事にも手を付けずに横になっていたものの、何か仕事らしいことをせねばと思い、最近、歩行中に偶然に撮った何枚かの写真を掲載しつつ、このブログを更新しようという次第です。歯の方は、レントゲン診断の結果では歯根が溶けているという見立てだったのですが、そうではなくて歯根に裂け目が入っていたためにそこから黴菌が入っていたとのことです。裂け目の方向がレントゲン写真に写らない方向だったようです。抜いた歯根を持ち帰り用にティッシュに包んでくれましたが、確かにその通りであったことが分ります。写真でもとっておこうかと思いましたが、汚いのでやめました。
 パソコン作業による眼の疲労対策の方は今問題になっているブルーライトの問題やパソコンの買い替えなどを含め、いっったん落着したら、大切な問題なので別のブログで改めて報告したいと考えています。以下、近況写真。

御茶ノ水駅前の交差点で虹に遭遇。町並みはあまりきれいでもないのが残念。
201508w01.jpg

この日は上野公園の北側から。
201508w02.jpg

201508w03.jpg

こちらから上野公園に接近するのは初めて。博物館や美術館では涼しげな展覧会をやっているらしい。
201508w04.jpg

上野公園には何度も来ているが、芸大の前まで来たのは初めて。201508w05.jpg

国立博物館にこのような門があったとは!
201508w06.jpg

咲き始めたハス。この日は今日よりも大分前です。
201508w08.jpg

飛行船現る。
201508w09.jpg

不忍池上の月。
201508w10.jpg

なかなか綺麗な夕焼けの色だった。
201508w11.jpg
スポンサーサイト

写真とつぶやき

この梅雨期のメランコリー

先月の初め頃か。小雨が落ちる不忍池
1506_W01_shino_rainy.jpg


1506_W02_shino_Ajisai01.jpg

上二つとは別に日だったようだ。ここにはいつも鯉や亀などが集まっているが、なぜか、いつになく沢山の鯉
1506_W01_shino_Koi.jpg


これも別の日、白山神社の裏の方から
1506_W01_Hakusan01.jpg

去年と殆ど同じ。去年は雨だったか
1506_W01_Hakusan02Koma.jpg

1506_W01_Hakusan03Yuri.jpg

くちなし。白のディテール、諧調はこのカメラでは全く捉えられない
1506_W01_HakusanKuchinashi.jpg

思いがけなく鎌倉に行く機会ができたので、立ち寄ったが、時間が心配で、この写真を撮ったところで引き返す。参拝すれば良かったが。
1506_W_KKHatchiman.jpg

これも別の日、神田神保町からまっすぐ歩いて帰る途中、いつになく濃い夕焼けが広がっていた。
1506_W_Abentrot00.jpg

水道橋駅北側、神田川の北側の交差点。高いビルは東京ドームホテル、このビルはどうも薄っぺらい感じで風格がない。
1506_W_Abentrot01.jpg

中古CDショップで久々に購入。ショパンのノクターン全集。演奏はマリア・ジョアン・ピレシュ。昔、マガロフという人の全集を持っていて結構繰り返し聞いていたが、こちらの演奏のほうが数段、上のようだ。一つ一つの音に実が詰まっている感じ。どの曲も、以前の印象よりも曲自体が立派に思える。
1506_W_Chopin.jpg

やはり中古だが、こちらはハンス・ホッターの冬の旅。昔、さらに、超有名歌手のLPの全集で聞いていた。それに比べてさらっとして暖かい、老人の声。最後の「辻音楽師」の歌唱にはありったけの感情が込められ、圧倒されるほど。
1506_W_Hotter.jpg
この人の歌ではやはりシューベルトの「鳩の使い」が忘れられない。またバッハのカンタータの一曲も今でも時々聞く。

こんなCDも。もちろんこれは中古CDではない。
1506_W01_CD_Chosa.jpg

ここからはもう7月。
2015_Shino_Ajisai01.jpg

向こうの建物は向こうの池のボート乗り場。
2015_Shino_HasuBoatnoiba00.jpg

急に今まで気にならなかったことが気になって、弁天堂の土台の方に近づいていった。やはり木造ではなくコンクリートに間違いない。屋根の方までコンクリートなのかどうかはまだわからない。
1506_W03_shino_BemtemBase.jpg

写真とつぶやき

この3月と4月のつぶやき

KameidoT01.jpg

桜も散った今ごろもう遅いが、ひと月前の亀戸天神の風情のある梅の木

KameidoT02.jpg

池のあるこの有名な庭園も風情があるけれども、橋のピンクっぽい塗装色と、それ以上に白い金属の手すりの安直なデザインはいただけない。特に直線部分が遊び場の滑り台を連想させる。

KameidoT03.jpg

社殿の塗装はちょっと異次元的に強烈な派手さ。あえてけばけばしいとは言わない。緑色の顔料が普通の神社やお寺で使われているものとは違うようだ。ただしこの日は雨で時間も遅く、赤はあまり目立っていない。

KameidoT05.jpg

もうちょっと赤の色調が良ければいい眺めなんだけれども。

KameidoT07.jpg

白梅の樹形はいい感じ。

KameidoT06.jpg

この日、ガラスと陶器の個展で買い求めたコーヒーカップ。緑茶にも合うのは取っ手のデザインのせいか。

Cup01.jpg

ひと月余りたって、こちらは北の丸公園近くの桜。

Chidori0401.jpg

この日は近くの学士会館に滞在中の多幡先生を訪問して鏡像問題について話し合った後だった。
古書店の店頭を眺めながら歩いていたらすぐ目の前の店頭ワゴンで他の並べられた本の上に無造作に載せられていたのがこの本。なんという偶然だろうか。とりあえず200円で購入。

KagamiTakano.jpg

こちらは最近の不忍池

Shinobazu0401.jpg

花見はお寺の行事でもないはずだが、この日は珍しく弁天堂の扉が開かれていた。結構な賑わい。
Shinobazu0402.jpg

伝通院の桜。以前に門の外からも見えた桜の大木がこうなってしまったようだ。本当に見事な桜の大木だったのだけれど。

Demduin01.jpg

Demduin02.jpg

昨年か一昨年あたりにできた門。以前はこのような楼門ではなく、中の桜や広々とした様子が眺められたように記憶している。
Denzuin0402.jpg

播磨坂。毎年このあたりの町会で花見の宴が行なわれている。この日はもう最高潮が過ぎ去ったようだ。
Harimasaka_1.jpg

写真とつぶやき

本日の書店めぐりといつもの写真

今夕は、ある本を見つける目的を持っていつもの書店街まで歩いて行った。中公文庫なのだが、まず古書店の店頭を軽く覗いてみたが、中公文庫の古書を店頭に出している店は少ない。多いのはやはり岩波文庫など新書よりも文庫である。岩波書店の前も通ったが入らず、三省堂、二階の広大な文庫本売り場に行ったが目的物はなし。続いて東京堂書店に行ってみたが、ここにもなし。やや意外なことに書泉グランデの一階ですぐに見つかった。まあ偶然だろうが、書店の個性が関係しているのかなと思わないでもない。以前はあまり来なかったが、良い大型書店である。しかし何故か歴史書売り場の古代史関係書棚が姿を消していた。配置換え中なのか、大量の書籍を積んだ台車が沢山、置かれていた。

以下の写真は相も変わらずいつもの場所だが、この日一昨日はいつものように夕方ではなく、かなり夜ふけだったので多少は趣が異なるかも。

W530_Ikedo1.jpg

W530_Ikedo2.jpg

階段は上らずに右に折れて上野駅まで行く人だろうか。もっとも階段上の公演を通ってもJRの駅まで行けるが。
W530_kaidan.jpg

W530_Odo1.jpg

W530_Odo2lav.jpg

係留されたボート群
W530_boat.jpg

以下、東京スカイツリー。昼間の姿は気に入らないので写真には撮らない。
W530_tree1.jpg

W530_tree3.jpg

右は煌々と明るい公衆トイレ。
W530_lav.jpg






写真とつぶやき

昨日の富士山の夢と夕刻の不忍池・上野公園

昨日の朝、驚くほど鮮明な青と白の富士山の夢を見た。殆ど映像だけで何の挿話もない夢で、こういう夢を見たのは本当に珍しい。全く一点の曇りもない強烈な青空の下の方に白い雪を頂いた富士山だけが見えた。大きさは東京の都心から見たとすればやや大きすぎるから神奈川辺りから見た大きさだろうか。とはいえ自分は今東京にいるのだから、夢の中では東京から見ていると思っていたようだ。周りは学校の運動場のような環境で傍に何人かがいたようで、「富士山!富士山!・・」と、富士山が見えていることを教えようとしたことぐらいが、挿話といえば挿話といえる。あと、携帯のカメラで慌てて写真を撮った。眼が覚める前だったから、目覚めると傍の携帯電話で写真が写っているか確認するといったバカなことをしたかもしれない。それにしてもこんな強烈な色の夢を見たのはめったにないことで、ちょっと不思議な気がした。普段からそんなに富士山のことを考えていたわけでもなし。とりあえずもう五月で初夢というわけにはゆかないが、まあ悪い気はしない。

写真は昨日夕刻の上野公園辺り。
W_Benten2.jpg
遠景のわずかな夕映えと赤いお堂の照明が混ざり合って、なかなか印象的な眺め。
携帯でこの写真を撮っていたら突然後ろでフランス語らしき会話が弾みだした。
W_Frams1.jpg
男女の3人組で、自転車に乗ったまま写真を撮り始めたようだ。やはりフランス人らしい。
W_Frams3.jpg
後ろに回って
W_Frams2.jpg

西郷象。夕闇の空と赤っぽい、おそらく弁天堂と同じ色の照明が、ちょうど適度の明るさで写真に納まる。
W_Saigo1.jpg

西郷さんの眼の前は今はこんな状態に。
W_Saigo0.jpg
かつてはもっと見晴らしがよく良い場所だったと記憶しているけれども、これでは公園の中でも最悪。なぜこんなことに?白い電飾も鉄条網のように見える。

W_Benten1.jpg

W_Iris1.jpg

W_Iris2.jpg

W_Hasu2.jpg
ハスもそろそろ成長を始めたよう




全記事表示リンク
プロフィール
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。